みかんの産地愛媛から、ビッグアップルの愛称で知られるニューヨークに2006年10月に移住。面白いことがあると聞けば、ニューヨーク内外問わずに出かけて行きます!!新しいことを発見するのが大好き(^0^)


by hatsup

最近うれしかったこと

最近通っているセラピーの先生のススメで、乳製品はバター以外できるだけ取らないようにしている。私のカルシウム不足を心配した夫が、日本の生活百科事典を取り出して、栄養素と食品の一覧表を見ていた。そのうち「あーこれが食べたい」「これも食べたい」と言い始め、自転車でピューと食材を買ってきて、晩御飯を作ってくれた。まぐろ、さといも、ごぼうサラダ、ほうれん草の胡麻和え、小豆入り玄米ご飯。アメリカ人だけど、日本食のよさを分かってくれる夫でよかった。日本食ってほっとする。
a0118179_1335590.jpg


Josh cooked Japanese food for me! I am very happy that he likes Japanese food.

Tuna, Satoimo Potato, Burdock Salad, Spinach Tossed with Sesame Seeds Sauce, Brown Rice with Azuki Beans

[PR]
# by hatsup | 2010-02-23 13:11

2010年

ニューヨークも日本より14時間遅れで年が明けました。
今年もよろしくお願いします。
a0118179_1713584.jpg

写真は、クリスマスにミネソタで作った雪だるまと犬(右)。
左は義姉の作ったスノー・ベイビーだそうです。
実は私、首を痛めていて、激しい運動はできないので雪だるまは夫が一人で作りました。アメリカの雪だるまは雪玉3つが基本で、今回作った雪だるまの高さは1メートル80センチくらい。
私は最後に顔などの飾りつけなどをしました。雪だるまの目と鼻は松ぼっくり、口は毛糸、髪の毛はもみの木の葉っぱ、ボタンは庭にあった枯れた花をつんできて使いました。犬の目と鼻も枯れた花。
家が交差点にあるので、通りがかりの人が止まって眺めていました。ドライバーの人から「よくやった!!」とお褒めの言葉をいただきました。

今年もニューヨークではタイムズ・スクエアでカウントダウンがありました。その様子は全米にテレビで生中継されます。
”2010”と書かれたイルミネーションのすぐ下にはTOSHIBAの大きな看板があり、
アメリカ中にすごい宣伝効果があったと思います。

今年は絶対に首を治すぞー。みなさんの今年の抱負は何ですか?


Snowman(center) and Snowdog(right) by Joshua
Decorated by Hatsumi
Snowbaby(left) by Ann

We had a very good time in Minnesota from Dec. 22 to 27.
When we were looking at our snow works,
a driver who passed by us stopped his car and said " Good job!"
It made me so happy.

[PR]
# by hatsup | 2010-01-01 17:16
ドレスデンはかつてザクセン選帝侯の宮廷都市として栄え、エルベ川沿い側に美しい建物が残っています。「エルベのフィレンツェ」とも呼ばれていたとか。たくさんの美しい建物の中でもすごいのが18世紀のザクセンバロックの最高峰と言われるツヴィンガー宮殿です。正門をくぐると広がる大きな広場と、それを取り囲むように建つ宮殿。
a0118179_0284091.jpg

ドイツ旅行9日間ずっと一緒に旅行したMalte。ドレスデン大学で歴史専攻なので、建物の由来などにとても詳しくガイドをしてくれた。私たちとはMalteがインターン生をしていたニューヨークで出会いました。
a0118179_0462327.jpg

宮殿中どこを見ても、繊細で豪華な彫刻が施されていた。
a0118179_029312.jpg
a0118179_0294771.jpg

ツヴィンガー宮殿の中で一番目立っていた円形屋根。
a0118179_030360.jpg

円形屋根の近くから見下ろす中庭。芝生の刈り方、噴水の形も凝っている。向こうに見える建物の屋根も美しい。オペラ劇場などの屋根らしい。
a0118179_0302174.jpg

[PR]
# by hatsup | 2009-11-09 01:24 | Travel

ドレスデンへ

ドイツ旅行の日程は、ドイツに行くまで決めてませんでした025.gif夫とMalteがメールで連絡を取り合ってるようだったので、計画は任せようと思っていたらこの始末。なんてお気楽なんでしょう058.gif
a0118179_14501580.jpg

ただMalteは学生であまりお金は使えないし、私たち夫婦も余裕があるわけではないので「お金をかけずにできるだけたくさんの都市を回り、見られるものを見る。ただしこれは絶対見たい、買いたいというもにはお金を払い、食は堪能すべし!」というテーマに決定しました。その後の予定は本当に行き当たりばったり。明日は自分たちがどこにいるのか分からないというスリリングな旅でした。ベルリンでは、Malteのお母さんのアパートに泊まらせていただいたので宿泊費ゼロ。お母さん、ありがとうございます040.gif(上の写真はお母さんのアパートの近くの地下鉄駅)
 次の行き先に決まったのは、Malteが通っている大学があるドレスデン。宿はもちろんMalteのアパート。交通手段はMalteがいつも利用しているエコノミーな鈍行電車で、途中乗り換えあり。乗換駅で同じく次の電車を待っていた旅する若者たち。ドイツは8月でも朝晩は冷え込み寒かったので重ね着したり、マフラーを巻いたりしていました。
a0118179_14571356.jpg

テレビ番組「世界の車窓より」を思い出しながら、車窓より撮影。あまり撮影にには向かない天気ですが、大都市ベルリンとは違った景色を楽しみました。発電用の風車。
a0118179_152471.jpg

干草の塊が転がっている畑。
a0118179_153137.jpg

ドイツには赤い屋根の家がたくさんあります。
a0118179_1531635.jpg

小さく馬が見える。
a0118179_1533196.jpg

牛も見える。
a0118179_1534525.jpg

ひまわり畑。
a0118179_1541100.jpg

ドレスデンのMalteのアパートに到着!!

a0118179_157897.jpg
a0118179_1525518.jpg


We didn't schedule Germany Trip well till we got there. We decided where we go next day by day. No one knew where we are going on this trip. Our theme of this trip was "Travel as many cities as possible cheaply, but don't hesitate to buy good food!!". Thanks to Malta's mom, Ingrid, we could stay her apartment in berlin.
We decided to go to Dresden where Malta live in and goes to university. We went to Dresden on the local train which Malta usuall take. We made connections at the local station. I enjoyed the view from train.
We stayed at Malte's apartment in Dresden. His apartment building was on the beautiful street.

[PR]
# by hatsup | 2009-10-18 14:58 | Travel
ベルリンの壁が崩壊して20年。今も一部の壁が残されています。
Part of the Berlin Walls was preserved after its collapse.
a0118179_1323227.jpg

第2次世界大戦でドイツが負けたため、アメリカ・イギリス・フランスが統括する資本主義の西ドイツ、ソ連が統括する共産主義の東ドイツに分断されました。そのとき、ベルリンはも西と東に分けられ、西ベルリンは東ドイツの中に浮かぶ島のような存在でした。そして、厳しい共産主義の東ベルリンから、西ベルリンに逃げようとする人が相次いだため、国民の流出を防ぐ目的でこの壁が作られたのです。西ベルリンは周りを全て壁で囲まれていました。下の写真は「チェックポイント・チャーリー」と呼ばれるかつての国境検問所。
Checkpoint Charlie was the name given by the Western Allies to the most well known Berlin Wall crossing point between East Germany and West Germany during the Cold War.
a0118179_13213627.jpg

警備はやはりとても厳しかったようです。
a0118179_1322182.jpg

チェックポイント・チャーリーのすぐ横はベルリンの壁博物館になっています。博物館の外の壁には、ベルリンの壁の破片が飾られています。博物館のお土産やさんには、本物のベルリンの壁の破片が入ったキーホルダーやペンダントなどのグッズが売られていました。
Berlin Walls Museum
a0118179_13222362.jpg

落書きだらけの壁の一部。やはり、ちょっとやそっとでは越せない高さですね。
a0118179_13224241.jpg

 ベルリンの壁のあった時代について、Malteのお母さんにお会いして聞くことができました。(Malteのお母さんは元英語教師なので英語が上手です。) お母さんや両親は西ベルリンに住んでいたのですが、敗戦により親戚が住んでいた地区は、東ベルリンになってしまい、なかなか会えなくなってしまいました。西に行くにはたくさんの手続きが必要で、西に滞在中に持っていたお金は、東に持ち出せないようにするため、全て置いてから東ベルリンに帰らなくてはならなかったそうです。親戚なのに全く住んでいる境遇が違い、なかなか会えないなんて、つらかったでしょうね。Communist Mosaic remains in the former East Berlin.
a0118179_13521298.jpg

最後にこれは、かつてソ連統括下の東ベルリンだった地区に今でも残っている壁画です。このようなモザイク壁画は共産主義の特徴です。この絵には、さまざまな分野の職業で活躍している人々が描かれ、国民の働く意識を高めようとしていたようです。


Part of the Berlin walls was preserved after its collapse.
[PR]
# by hatsup | 2009-10-18 03:25 | Travel

ベルリン・グルメ

せっかくドイツに行ったもの、ビールが苦手な私。飲めるけど、銘柄によっての違いが良く分からない。と言うことで、結構邪道な飲み物ばかり注文していました。
a0118179_12193399.jpg

裏庭でビールが飲めるバーでは、ベルリナー・ヴァイセと呼ばれるベルリンの飲み物で、ビールとシロップをミックスしたものを注文しました。シロップは、甘い香草の風味の緑色のと、ラズベリー味の赤色と2種類ありました。コップの絵は、子供がビールジョッキから覗いているデザイン。「ベルリンの子供」という銘柄のビールのマスコットです。
2日目のお昼は、レストランで昼食。ここで私が注文したのは、白ワインを天然発泡ミネラルウォーターで割ったものです。さわやかで夏にぴったりでした。左は前菜のサラダ。ゆでた豆が入っています。
a0118179_12195310.jpg

これは3人分のメイン料理です。手前の大迫力なのがベルリンの名物料理、アイスバイン。塩漬けした豚のすね肉を香味野菜と煮込んだもの。よく煮込んであるのでやわらか。左奥は豚肉のローストとブラウンソース。右奥は私が注文した、豚肉のミートボール&ケッパー風味のホワイトソース。美味しかったー。
a0118179_1220929.jpg

若者がたくさんいるエリアに来た時に、目に付いたデザートやさん。
a0118179_12202744.jpg

私が注文したのは、コーンでできた器にアイスクリーム、生クリーム、フルーツソース、果物、ウエハースが載ったボリュームたっぷりのデザート。アイスクリームや、フルーツソースはたくさんの種類の中から選べて選ぶだけでも楽しかったです。私の注文したのは、ヨーグルト風味のアイスクリームに、シトラスソースとイチゴソースをかけたものです。上に載っているほうずきみたいなのも食べられる果物です。
a0118179_12204218.jpg

アイスクリームの後ろにぼんやりと、ほっと一息休憩中のMauteと夫が写りこんでいます。この日はいっぱいベルリン市内を歩きました。


The first photo is a drink which is called Berliner Weisse.
I orderd this drink in the nice beer garden at the first night in Germany.
Berliner Weisse is a mixture of beer and syrup.

On the second photo, the drink is a mixture of white wine and seltzer.
The salad was my appetizer. I liked boiled pees.

On the third photo, the food in front is a traditional Berlin food, "Eisbein", which is a huge pork shank meat boiled with herbs.
This shank meat is soused before it 's boild. The meat was very soft.
The food on the back left is roasted pork with brown sauce, the back right is a pork meat ball with caper flavored white sauce.
Everything was good!

After we walk around Berlin city, we had a break time near sweets shop.
I bought ice cream with whip cream, fruites, fruites sauce, wafers.
There were many choice of ice cream and fruites sauce.
I chose yogurt ice cream with citrus sauce and strawberry sauce. Yummy!!

You may see Malte and Josh, behind my dessert, sitting wearily after long walk.

[PR]
# by hatsup | 2009-10-10 13:11 | gourmet