みかんの産地愛媛から、ビッグアップルの愛称で知られるニューヨークに2006年10月に移住。面白いことがあると聞けば、ニューヨーク内外問わずに出かけて行きます!!新しいことを発見するのが大好き(^0^)


by hatsup

復元された国会議事堂 Restored Reichstag Building

1894年、シュプレー川の横にヴァイマール共和国の議事堂として建てられたこの立派な建物。実はしばらくの間放置されて廃墟だったそうです。
a0118179_3584475.jpg

1933年にヒトラーが首相になった翌月、何者かにによって放火されて以来(誰が放火したか未だ真相は謎のまま)使われなくなっていました。その後、第二次世界大戦で攻撃され、さらにぼろぼろに。その当時の写真で作られたポスター。奥に映っている議事堂は、まるで原爆ドームの様。手前は戦争で亡くなった約8万人のソビエト兵に捧げる記念碑。
a0118179_3545946.jpg

近づいてみると、攻撃されたときの弾丸の傷跡を修復しているのがよく見えます。
a0118179_358816.jpg

1990年に西ドイツと東ドイツが統一されたとき、その式典は当時まだ廃墟だったこの建物の前で行われました。修復が完成して使用が再開されたのは1999年。けっこう最近です。
a0118179_3454618.jpg

昔この建物を攻撃した側だったアメリカ人の子孫と、攻撃された側だったドイツ人の子孫が今はこんな風に並んで写真を撮れる世の中になった。とても素敵なことだと思います。

The Reichstag building in Berlin was constructed to house the Reichstag, the first parliament of the German Empire.

This building was burned by someone one month after Adolf Hitler became a ruler of Germany in 1933. It's still very controversial who burned the Reichstag building down. According to Malte, the burning down of building was used by the Nazis as a pretense to arrest political opponents and intellectuals and put them in jail or early concentration camps and also to put basic rights of the weimar constitution out of order.

This building was attacked by Allies of World War II and destroyed again.

The second photo was taken after World War II. The statue on the left is a Soviet War Memorial.

The official German reunification ceremony was held in front of the ruined Reichstag building in 1990. The reconstruction was completed in 1999.

I think it is wonderful that now Germans and Americans can take photos together peacefully in front of this building like this.

[PR]
by hatsup | 2009-09-27 04:10 | Travel