みかんの産地愛媛から、ビッグアップルの愛称で知られるニューヨークに2006年10月に移住。面白いことがあると聞けば、ニューヨーク内外問わずに出かけて行きます!!新しいことを発見するのが大好き(^0^)


by hatsup

アーティチョークを料理してみました

日本ではなじみの薄い地中海原産のアーティチョーク。春が旬のようで、ニューヨークに越してきて最初の春にスーパーに山のように積まれているのを見て、しかも一個一ドル50セントほどと安かったのでどうしても食べてみたくて自分で調理しました。これはその頃の写真です。
a0118179_12141221.jpg

アーティチョークは花のつぼみです。あざみの一種で、先はとげとげしているのでカットします。太い茎もカット。
a0118179_12142480.jpg
a0118179_12143535.jpg

花びらや、けばけばした物(繊毛)をスプーンで取り除きます。
a0118179_12144529.jpg

a0118179_12145534.jpg

ゆでたり、蒸したりするのがもっともポピュラーな調理法らしいですが、食べられるところが根元の一部分のみと少ないので、ボリューム感を出すためにパン粉、アンチョビ、パセリ、レモンの皮を混ぜた物を重なり合ったがく(?)の一枚一枚の間に詰め込んでいきます。イタリアではこんな食べ方もするらしいです。ただし、このときはパン粉の代わりに砕いたクラッカーを使いました。
a0118179_12153056.jpg
アンチョビ(カタクチイワシの一種)の缶詰。これは日本ではあまり食べたことがなかったけど、こっちではまりました。缶のデザインがかわいい。
a0118179_12151361.jpg

アーティチョークは、鉄のフライパンなどに水と一緒に入れ、オーブンで蒸し焼きにします。
a0118179_12154322.jpg

出来上がり!レモンを添えて。
a0118179_12164139.jpg

なつかしのイーストヴィレッジの極狭アパートのキッチン。夫がはまっていた(今も好き)イタリアの発泡ミネラルウォーター、サンペレグリノがちょうどあったので、ますますイタリア感アップ!!頂きます!!
a0118179_12171871.jpg

中はこんな感じ。がく(?)が接合している辺りに食べるところがあるので、一枚一枚を手ではがしながら食べました。そして香りのよいパン粉ミックスも一緒に食べます。
a0118179_12172990.jpg

感想:食べるところが少ないって聞いていたけど、全体の大きさの割には本当に食べるところは一部しかなかったです。パクパク食べるというより、一枚一枚の硬いがくの根元の、厚みのある部分を歯でガジガジしながら少しずつ引っ張っていき、硬い表面の間にあるやわらかい部分を口の中にしごき出して食べるという感じです。そのやわらかい部分はほくほくしていました。アーティチョークそれ自体にはあまり強い香りはありません。
後日、アーティチョークの食べられる部分だけの酢漬けが売られているのを見ました。試してみたら、パスタにぴったり。酸味があり、やわらかくてこれはパクパク食べられます。それを知って以来、自分では調理していません。でも、いつか茹でたのを試してみたいです。マヨネーズをつけて食べたら美味しいらしいですよ。

I had been thinking of uploading photos from the time I cooked Artichokes at our old apartment about 3 and half years ago, but I forgot about that. Since I introduced rare food for Japanese people in the last article, I decided to upload these photos. Artichokes are very very rare for Japanese. I had never eaten them till I moved to New York. I was very curious about Artichokes because I saw they were selling everywhere in New York. Also, they were so cheap in Spring. I checked how to cook and found out that we can eat only small part of it. So I chose recipe which I can eat more by adding crushed crackers. I mixed crushed crackers with minced parsley, anchovy and lemon peel. However, bread crumbs are used instead of crushed crackers, according to original recipe.
I love anchovy. Anchovies are not familiar in Japan, either. I was surprised how small the edible parts are! I found pickled artichokes in a supermarket and tried it, too. I liked it because it's soft. I liked the sourness, too. Pickled artichokes are suitable for pasta. I also want to try boiled artichoke, when artichokes come into season next spring.

[PR]
by hatsup | 2010-09-26 13:06 | gourmet